FXって結局運ゲー?FXと運の関係について解説

「FXって運が全てでどうせ頑張っても意味ないんじゃないか」

「FXって運とかよく言われるけどなんでだろう」

「どうやって運とか関係なく勝てるのか」

こういった疑問を湧いている人がいるかと思います。

今回はFXと運の関係性についてFX歴10年の私が解説していきたいと思います。

具体的には

・FXは結局運が全てなの

・FXは”運”と言われてしまうのはなぜか

・ギャンブルにならないための絶対的掟とは

・運”ではなく実力で利益を上げるためには

この順で解説していきます。

FXは運で全て決まると思っている人には必見の内容です。

fxは結局運が全てなのか?

FXは運が全てではありません。

確かにFXは運に左右される部分はあるのは事実です。

またFXで百発百中で勝てる方法はありません。

しかしながらFXでトータルの損益をプラスにすることは可能です。

そのため我々は運以外の要素を高める努力が必要となります。

そのために書籍や動画などで勉強していきましょう。

fxは”運”と言われてしまうのはなぜか?

FXは不測の事態が起こることがあるからです。

急に地政学リスクが顕在化したり、ある国の政策が予想外のものになったりすることがあるからです。

例えば2015年にスイスが為替介入をいきなり停止した時にはスイスフランショックが起こりました。

そのため急激なスイスフラン高が起こり多くのトレーダーが追証を負う羽目になりました。

なかには追証が払いきれない人が多すぎて、倒産した証券会社もありました。

この事例は今でもネットの掲示板などで語られています。

このような誰も予測が出来ないことが起こるためにFXは運だと言われてしまう所以かもしれません。

・ギャンブルにならないための絶対的掟は?

ギャンブルにならないための絶対的掟はルールをしっかり決めて、リスクヘッジをしましょう。

ルールを決めたりリスクヘッジをすれば、100%安心ではないのは事実です。

しかし運の要素を限りなく減らせます。

リスクヘッジの仕方としては、OCO注文を入れておくことやCFDや株式など別の資産に分散投資するのも1つの手です。

“運”ではなく実力で利益を上げるためには?

運ではなく実力で利益を上げるためには、自分のトレードスタイルを確立する事です。

例えば人によってFXにかけることが可能な時間は異なったり、向き不向きがあるからです。

例えば長い時間ポジションを持つのが不安な人はスキャルピングをしたり、チャートに張り付けない人はスイングトレードをするなどです。

また自分のトレードスタイルを確立することで、振り返るポイントも明確になり改善点も見つかりやすいです。

まとめ

今回はFXは結局運が全てなの、運と言われてしまうのはなぜか、ギャンブルにならないための絶対的掟とは、実力で利益を上げるためにはについて解説していきました。

FXは確かに運の要素はあります。

しかし、実力を高めることでトータルでプラスにすることは出来ます。

この記事を読んで、実力を高めて行きましょう。

カテゴリー: BLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA